EDの悪化と病気の影響について

病気が原因でEDになっている場合には症状が悪化することで悪い影響が出る可能性があるので、健康状態を良好に保って治療を継続することが大切です。EDに悪い影響をおよぼすとされる病気としては動脈硬化や心臓病、脳血管疾患、糖尿病などがありますが、とくに動脈硬化はペニスの血液の流れを悪化させてしまうので注意が必要で中高年になって動脈硬化の症状が進行するとEDにも悪い影響をおよぼすので生活習慣を改善させて病状を悪化させないことが重要です。糖尿病の場合には動脈硬化を進行させることがあるので、症状の進行を抑えるために食生活を改善することが必要となりますが、勃起治療薬は神経障害が起きた場合でも有効なのである程度症状が進んでいる糖尿病でも男性専用のクリニックを受診することで正常なセックスをすることができます。心因性のEDは一過性の場合が多いので、ストレスや肉体疲労の原因がなくなることで通常の性行為ができるようになりますが、病気の場合は治療を行わなければ通常のセックスをするのが難しいので、勃起治療薬を用いながら治療を行う必要があります。EDは勃起不全なので、一時的に勃起は出来ますが、その状態を維持することが難しいのでセックスの途中で中折してしまうなどの症状がでます。ED治療薬などを用いなくても女性の協力がある場合には少し間隔をおいてもう一度セックスをすることで射精をすることができますが、なかなか勃起できない場合にはセックスの1時間前までに勃起改善薬を服用してセックスをすると勃起を維持することができます。EDはストレス性のものが多いのですが、メンタルな部分を鍛えることで改善することもできるので心理カウンセリングなどを受けることで根本治療をすることもできます。