バイアグラの処方

バイアグラがアメリカで発売されて以来、日本でもこの薬を求め数多くの日本人がこの薬を入手しようとしていました。
勃起不全は男性の中でも深刻に悩んでいる人もいますし、その原因で性行為が億劫になってしまっている人もいます。
しかし、この当時医者からの併用禁忌や使用上の注意などを聞いていなかったため、併用禁忌薬である硝酸剤と併用してしまい、重篤な副作用が発生しまう事例が増大しました。
このような健康被害を発生させないために、日本でも急速にこの薬の製造販売を承認し、承認申請から半年というスピードで日本でも販売が開始さいれるようになりました。

ちなみに、こちらのバイアグラの効果というのが性的興奮を覚えることで勃起しますので、そのような興奮を覚えない限り、この効果は得られないとされています。
ですので、常に、勃起してしまうかと言われると、そうではありません。
また、バイアグラを処方する際は、正しく効果が作用されるように注意しなくてはならないことがあります。

まず、食事中の摂取はしないでください。
空腹時に比べて、発現時間が遅れたり、効果自体も半減することがあるのです。
服用の際はなるべく空腹時に処方してください。

そして、空腹時の処方の際も、食前の30分~40分の間に服用するようにしてください。
そうすることで、薬の成分が体内に吸収されますので、食事をされてもあまり影響はありません。
また、どうしても食後の処方となった場合は、なるべく脂っこいものをさけ、あっさりした食事を腹7分目くらいで抑えるようにしましょう。

また、服用する際に、水などを服用するのですが、アルコールとの一緒の服用でも構いません。
ただし、脂肪が含まれる飲料、例えば、牛乳などと一緒の服用は避けるようにしましょう。

このように、処方の仕方により効果の現れ方が違いますので、正しく守り使用しましょう。